スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レントゲンの日
 11月も2週目に入りましたが、以前、日中は暖かい日が続いており、日中の気温と夜間の気温との寒暖の差に服装などの調整に戸惑いを感じ、体調管理に気を使います。

 さて、今や、医療関係者にとっては、無くてはならない医療機器の一つに、レントゲンがあります。
 今日は、そのレントゲン(以下、X線とする)が発見された日、とされています。
 1895年11月8日、ドイツのヴュルツベルグ大学に於いて、ヴィルヘルム・コンラート・レントゲン博士によって、クルックス管を用いた陰極線の研究をしていた時、偶然に発見されたもので、当時、未知の”線”として、『X線』と名付けられ、発表後、レントゲン博士自身も、研究・発表の成果は自身だけのものでは無く、「レントゲン」と呼ばれる事を好まず、『X線』と呼んでいたそうです。
 とは言っても、後の1901年、第1回 ノーベル物理学賞を受賞した博士ですが、X線に関する特許を一切取得しておらず、広く万人に寄与すべき、と考えておられたそうです。

 昨今の医療機器の発展は目覚ましく、レントゲン博士によるX線の発見から、110年以上経過した今、当時の機器よりも格段に進化しておりますが、博士の様な私利私欲に走らない方が居たからこその発展ではないでしょうか?

 尚、今日は、語呂合わせにより、11(良い)8(歯)の日 ともされています。
 なんだか、医療に関する記念日の様です・・・。


医療関連施設の企画・開発・コンサルティングの事ならお任せ下さい。
クリニック等の開業実績 70件以上 開業用適地・物件の情報をご提供します。
秘密厳守 お気軽にご相談下さい。

株式会社 オフィス・ユー 
 代表取締役 歌野 大輔
WEBサイト:http://www.officeu.net/
E-Mail:office-u@mx5.canvas.ne.jp

スポンサーサイト
ノーベル化学賞
 まず、今朝のニュースとして、『大沢親分、逝く!』と言う訃報が飛び込んで来ました。78歳と言う、まだまだ逝くには早過ぎる年齢で、日本のプロ野球界、いや、日本の野球界全体にとってのご意見番としてご活躍頂きたかった、と思います。
 ご冥福をお祈り致します。

 さて、もう一つ、昨夜から、どのチャンネルを回しても、この話題で持ち切りです。
 そう、ノーベル化学賞に、2名の日本人が選ばれました。
 北海道大学の名誉教授 鈴木 章 先生と、米バデュー大の特別教授 根岸英一先生の両名の事で、医薬品や次世代照明と、期待される有機EL(エレクトロルミネッセンス)など、我々の生活を支える数々の製品を生み出す原動力となる化学反応を考案したと言う事が評価されての受賞となったそうですが、何の事だか???良く解りません。
 尚、化学反応を促す仲介役(触媒)に金属を利用し、不可能と思われていた有機化合物を自在に結びつけ、新たな性質を持つ物質を次々と生み出し、社会に大きく貢献した「縁の下の力持ち」ともいえる発見なんだそうで、日本の有機化学の層の厚さを示した・・・と新聞に載っていましたが、まだ、良く解りません。

 まあ、研究の内容や仕組みは解りませんが、現在の我々の生活に有用な研究であり、次世代の為になる研究結果であった・・・と言う事なんだろう、と思います。
 これで、一昨年の4名同時受賞に続き、日本人(日本出身者を含む)の受賞者は18名となりました。

 今回の両名のインタビューなどを各社競って放映されておりますが、昨日の夜、某報道番組に出演された、鈴木先生の言葉が印象に残っています。
 先生は、「これまでの数々の研究成果に対し、一切、特許を取っていない。」との事でした。理由として、自身の研究は、大学と言うフィールド(施設・費用)で、学生と言う資源を使っての成果であり、自分一人で出来た訳じゃない、従って、誰もが自由に活用出来る成果である事の方が、より社会に貢献出来るんだ、との事でした。
 なかなか言える言葉ではないと思います。
 人である以上、名誉・名声・金・・・欲が無い訳じゃないと思います。私にとっては、研究の成果の評価による受賞と言うよりも、人として人格者としての受賞の様に思えてなりません。(もちろん、偉大な研究成果である事に違いは無いんでしょうが・・・)

 ニッポン人も、なかなか捨てたもんじゃないですな~!と思いました。


医療関連施設の企画・開発・コンサルティングの事ならお任せ下さい。
クリニック等の開業実績 70件以上 開業用適地・物件の情報をご提供します。
秘密厳守 お気軽にご相談下さい。

株式会社 オフィス・ユー 
 代表取締役 歌野 大輔
WEBサイト:http://www.officeu.net/
E-Mail:office-u@mx5.canvas.ne.jp


3周年
 今日は、弊社にとっては、一年のうちで、もっとも大切な日であります。
 平成19年のこの日、法人登記が完了致しましたので、今日で3周年を迎えました。
 
 『石の上にも、3年』 この言葉は、何度となく使っている言葉ですが、その3年を過ぎました。正に、石(医師?)にかじりついての3年間だった様に思います。
 本当に、いろいろとありました。 何度となく、泣きました。 諦めかけた事もあります。 しかし、僕が諦めた時、我家は路頭に迷う事になります。 まだまだ、そんな訳にはいきません。 頑張ります!!

 さて、創業以来、この日、欠かさず行っている事があります。
 一つは、西宮の戎さんへのお参りです。 ご存知の通り、商売繁盛の神様として、全国的に有名です。こちらへは、1月10日の”十日戎”と、この創業記念日に、感謝の気持ちを伝えにお参りさせて頂きています。今日も行って来ました。
 そしてもう一つは、献血です。 献血は、昨年から始めましたので、恒例と言うには心もとない話ですが、お陰様で今年も無事に一年過ごす事が出来ました・・・と言う感謝の気持ちを何かでお返ししたい!と思い、私にでも出来る社会への御恩返しのつもりで、少しでもお役に立てる事ではないか?と思い始めました。
 
 そう思い、昨年の今日、生まれて初めてセンタープラザの献血ルームに行き、無事、400ml の献血をさせて頂きました。 ⇒「昨年の記事」
 しかし、その後、行ける機会は何度となくあったんだと思いますが、結局、第2回目は丸丸一年後となってしまいました。しかも、中で、健診を受け、待合で待っている間に、急激に血圧が下がり、顔色は悪くなり、冷汗で全身汗だくになってしまいました。自分では、少し休憩すれば大丈夫!と、看護士さんへは、心配ご無用と直訴しましたが、やはり、残念ながら中止・・・となってしまいました。^_^;
 社会への御恩返しのはずが、かえってスタッフの方々へご迷惑をお掛けする羽目になってしまいました。情けない話です。しかし、近いうちに必ず、リベンジします。体調を整え、気分をリラックスし望めばきっと大丈夫・・・。

 何はともあれ、今日からは、4年目に突入した我社、来年のこの日、また、必ず西宮戎にお参りし、献血にも行き、一年間の感謝の気持ちを表したいと思います。

 また、私を応援し、ご協力頂き、ご指導・ご鞭撻頂いている皆さまへの感謝の気持ちをどの様に表して良いか、判りませんが、いつも本当にありがとうございます。 また、これからも応援、よろしくお願い申し上げます。

  ”感謝!!”


医療関連施設の企画・開発・コンサルティングの事ならお任せ下さい。
クリニック等の開業実績 70件以上 開業用適地・物件の情報をご提供します。
秘密厳守 お気軽にご相談下さい。

株式会社 オフィス・ユー 
 代表取締役 歌野 大輔
WEBサイト:http://www.officeu.net/
E-Mail:office-u@mx5.canvas.ne.jp


新兵器(?)導入
 暑い!暑い!・・・と口を開けば、この言葉しか、出て来ない異常とも言える暑い季節が、9月に入り、少しはマシになるかな~と淡い期待とは裏腹に、まだまだ各地では、今年最高気温を記録するなど、この暑さは、まだしばらくは続きそうです。

 さて、だからと言って、涼しい室内にじっとは、して居られません。

 かねてより、導入を検討していた、自動二輪の納車があり、昨日より運用を開始しました。
 今月は、起業より、3年を経て、4年目を迎える事になります。これまでの丸3年間、移動に関しては、いわゆる公共交通機関を利用していました。これはこれで、交通費などの経費削減には、大きく貢献していました。
 しかし、私の様な職種の場合、街並みの変化に敏感に反応する必要があります。
 例えば、国道沿いにある店舗が閉店し、別の店舗になっている、または、これまであった建物が解体され、別の建物に変わろうとしている、郊外の空き地だった場所に大型ショッピングモールの建設が始まった・・・など、電車に乗っていては気付かない変化がある、と言う事に気付きました。
 だからと言って、駅前などの変化も見逃せません。

 その両方をカバー出来るのは、小回りが利き、少しばかりの長距離の移動に耐え、車ほどとまでは行きませんが容量の大きな収納を持ち、しかも、維持費の安価なビッグスクーターを採用する事にしました。

 とは言っても、夏の暑い日、冬の寒い日、雨の日・・・二輪の弱点は多々あります。また、仮に事故をすれば、決して無傷では終わりません。経営者として、また、家族を持つ身として、怪我をする事は致命的です。
 十二分の安全運転をする事は勿論の事、体調管理、車両の整備を怠らない事、また、決して無理をせず、少しでも不安のある場合は、降車する、または、乗車しない。  これを肝に銘じます。
 尚、この度の、”新兵器(?)”の導入により、機動力が格段にアップ致します。益々の攻めの営業と、顧客の皆さまへのタイムリーなフォローが可能となります。

 もうすぐ、4年目。 益々、頑張ります!!

医療関連施設の企画・開発・コンサルティングの事ならお任せ下さい。
クリニック等の開業実績 70件以上 開業用適地・物件の情報をご提供します。
秘密厳守 お気軽にご相談下さい。

株式会社 オフィス・ユー 
 代表取締役 歌野 大輔
WEBサイト:http://www.officeu.net/
E-Mail:office-u@mx5.canvas.ne.jp


ナガサキ
 6日のヒロシマへの原爆投下からの3日後、AM11:02 長崎県長崎市上空から実戦では、広島に続き、世界で2番目の原爆が投下され、長崎市24万人の約34%にあたる約7万人以上の死亡者を出し、市街の建物の約36%が全半壊し、爆心地の浦上地区は壊滅状態になった。

 あれから、65回目の「原爆の日」を迎えた今日、爆心地に近い長崎市松山町の平和公園では、長崎原爆犠牲者を慰霊する平和祈念式典が開かれ、被爆者や遺族ら約6000人が参列。原爆投下時刻のAM11:02 、全員で1分間黙とうし、鎮魂と平和への思いを新たにした。

 何となく、「原爆」と言えば、『ヒロシマ』 と言う感があり、『ナガサキ』 に関しては若干イメージが薄くなりがちだが、実は、広島に投下された、「リトルボーイ(TNT火薬15,000t 相当)」の約1.5倍の威力のある、「ファットマン(TNT火薬22,000t 相当)」が投下されているのだ。
 にも拘らず、広島に比べ、被害が軽減されたのは、山に取り囲まれた長崎の地形にあると言われています。もし、これが、福岡県小倉市の様な平坦な地形の地域に投下されていれば、広島の被害を上回っていたのではないか、と推測されています。

 皆さまの中にも、小・中学校の修学旅行等で、長崎を訪れた方も多いかと思います。
 かつて、長崎は鎖国時の日本に於いて、海外との唯一の玄関口であり、オランダ・ポルトガル・スペインなど南蛮貿易で栄え、当時、ご法度とされていたキリスト教を信仰する教徒の為の大浦天主堂(浦上天主堂)など、風光明媚で観光地としても見所の多い場所でもあります。
 私は、中学校の修学旅行で行ったのと、数年前にも訪れ、坂道が多く、海と山の距離が近くて、どことなく神戸を思わすとても良いところだと感じたのを思い出します。

 改めて、兵器としての”原爆”に、断固反対し、二度と同じ過ちを犯してはならない、そして、一日も早くこの世から全ての”原爆”を無くなることを祈ります。


医療関連施設の企画・開発・コンサルティングの事ならお任せ下さい。
クリニック等の開業実績 70件以上 開業用適地・物件の情報をご提供します。
秘密厳守 お気軽にご相談下さい。

株式会社 オフィス・ユー 
 代表取締役 歌野 大輔
WEBサイト:http://www.officeu.net/
E-Mail:office-u@mx5.canvas.ne.jp


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。