スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09.07.28 川村カオリさん死去

 乳がんの再発・転移を発表し、闘病中だった歌手、川村カオリさん(38)が28日午前、都内の病院で死去した。所属事務所が発表した。(Yahoo!ニュースより)

 私は、昨年、10月19日 ピンクリボンキャンペーンの一環で「ピンクリボンスマイルウォークin神戸」に参加しました。彼女は自らの乳ガンの再発・転移を公表し治療にあたっておりましたが、当日、ゲストとして、一緒に神戸の街を歩き、ピンクリボンの趣旨である、早期発見につながる検診を訴えて歩きました。
 そもそも、彼女の歌が好きでしたし、短時間・短距離でしたが、一緒に歩く事が出来た事が唯一の思い出となってしまいました。

 謹んでご冥福をお祈りしたいと思います。

 以下、Yahoo!ニュースより抜粋

 川村さんの公式ホームページには「川村カオリが、左乳がんの再発の為治療しておりましたが、本日平成21年7月28日午前11時01分、都内病院にて永眠致しました。ここに生前のご厚誼を深謝し謹んでご通知申しあげます。これまで応援して下さった皆様に深く感謝致します」と発表された。

 葬儀については「親族の意向により、親族、友人のみの告別式とさせていただきます」としている。 

 川村さんは90年代に「神様が降りてくる夜」、「翼をください」などの曲で人気を博した。04年に乳がんを患い、乳がん治療で左胸を失うなどした。回復後、音楽活動を再開したが08年10月に乳がんの再発・転移を公表した。

 

スポンサーサイト
09.07.28 灘区都賀川河川氾濫

 山口県や九州北部地方では、降り続く豪雨の影響による土砂災害で多くの方が犠牲になったり、行方不明になっております。
 亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りすると同時に、行方不明者の早期発見を期待します。

 近年の異常とも言える気象の変動や、Co2排出による地球温暖化の影響、街の都市化によるヒートアイランド現象・・・などなど、我々が生活の利便性・快適性を追求し続けた結果、”天に唾”する様な形で、返って来ているのかも知れません。

 さて、丁度、一年前の今日、神戸市灘区の都賀川の上流に於いてゲリラ豪雨が発生し、下流に当たる河川敷で水遊びを楽しんでいた小学生ら5人が鉄砲水による河川の氾濫から逃げ遅れ犠牲になりました。
 犠牲になった、子供達、ご親族の方々にとっては、心痛な思いで、今日を迎えられた事と思います。二度と同じ様な犠牲者を出さない為にも、地域住民・行政が一丸となって防災対策を施すと同時に我々の意識も改革して行かなければならない事を今一度認識する機会としなければならないではないでしょうか。

 先の通り、各所で起こる災害については、行政や研究機関に於いて、何万箇所にも及ぶ危険箇所や注意すべき所がある事が判っているそうです。(ネットで調べると、膨大な数のサイトがあります)
 
 TVや新聞を始めとした、マスコミや情報機関は、もっと広く・早く・正確に情報を提供し、行政はもっと真剣に防災対策を講じるべきだと思います。

 我々、神戸の人間は14年前、大震災を経験し、今年の春先には新型インフルエンザパニックを経験しました。
 全ての事に対処出来る様に備える事は出来ませんが、常日頃から意識だけはしておく必要はあると思いますし、そんな時は、どうする?と言った事を家族で話をしておくぐらいの事はしておくべきでしょう。


09.07.27 某小児科医院 内装工事③

 いよいよ、大阪府内某所にて、S小児科医院さんの工事もほぼ完了しました。
 院長ご夫妻は、開院前にしばし、ご旅行中との事で、一足お先に「パチリ!」と撮影して来ました。

CIMG3587.jpg
 入口周りは、特徴ある石を貼り、印象的に・・・また、大きな掲示板も現場施工にて。
 医院からの各種お知らせは、こちらで行います。

CIMG3589.jpg CIMG3596.jpg
 両サイドのソファーは、淡いグリーンとピンクでホワイトを挟み、やわらい印象の造り付け。座面下の台輪はカウンターと同じ柄で統一しました。
 照明は、ダウンライトの電球色を使い、ご家庭の暖かい雰囲気と同じ様にし、患者さんの気持ちを落ち着けます。

CIMG3598.jpg CIMG3591.jpg
 処置・点滴室は、家具で間仕切り、機能的です。点滴は、上から吊り下げられる様、レールを配しています。
 外来トイレは、広々とし、親子で入る事が出来、小さなお子様でも出来る様、子供用の便器も設置しました。もちろん、オムツ替え様のベビーシートもあります。

 全体的に、清潔感を前面に出し、いわゆる”小児科”っぽいイメージではありませんが、連れて来られるお母さん(お父さん)には、落ち着ける雰囲気だと思います。
 この日も少し小雨のぱらつくお天気でしたが、ベビーカーを押したお母さんを多数お見掛けしました。きっと、お忙しくなる事でしょう。
 
 今までは、先生(院長)の出番は、あまりありませんでしたが、これからは本格的に院長及びスタッフの出番です。医療機器が入り、備品をどこに収納しようか?小物は?文房具は?・・・???
 開業準備は何度経験(お手伝い)しても大変です。
 お疲れの出ない様に頑張って頂きたいものです。

 

09.07.24 地鎮祭

 この日、朝から大変蒸し暑く、少し歩いただけで、汗が滴り落ちる様な中、市内某所にて、盛大な「地鎮祭」が催され、私にもお声を掛けて頂きましたので、謹んで参列させて頂きました。

CIMG3573.jpg 
 現地に着くなり、まず目に入ったのは、この巨大なボーリングマシンでした。
 現場はとても広く、計画建物もかなりの物なので、その基礎を支える杭(この現場では、柱状改良杭というのが採用されています)の為の機械です。

CIMG3578.jpg
 
 この現場は、某大手リース会社さんが施主を務める現場で、各入居テナントさんも多く、過去私が経験した地鎮祭の中でも最大級の規模でした。
 また、さまざまな気の配り方も行き届いており、冷たいおしぼりなどは、この日の様な暑い中では、とってもありがたかったです。(見習わなければ・・・)

CIMG3579.jpg
 二人の祭主に巫女さんを入れて3人もの宮司さんがいらっしゃる事も異例の事でしたが、これだけの規模の建築工事ともなると、式典も盛大です。
 かくして、約1時間にも渡る、工事の安全祈願と床鎮めの儀を滞りなく納めさせて頂きました。
 いよいよ、これから本格的に建築工事が始まりますが、我々の出番は、年末近くになりそうです。そして、来年のオープンに向けて、これから忙しくなりそうです。

 まずは、安全に順調に工事が進みますように・・・

 

09.07.23 新型インフル その後

 5月中旬から、新型インフルエンザ騒動で激震が走った関西地方ですが、6月には下火になり、最近ではほとんど話題に上らなくなって久しい今日この頃ですが、最近の調査結果が発表されています。

 CB(キャリアブレイン)によりますと、22日11:00現在での感染者数は、4433人で空港での水際対策で確認された数29人を合わせると、4462人となっており、前日の同時刻からすると187人の増加となっているとの事。

 この結果をどう見たのか?
 厚生労働省は、「22日、新型インフルエンザの全患者数把握調査をやめる省令改正を行った。」とYOMIURI ONLIN では報じています。

 驚いたのは、国内最初の感染確認から2ヶ月以上が経過して、尚、この季節に日に200人近い新たな患者さんが増えている事と同時に、全国で5000人に満たない総数でしかない事です。
 当初の勢いであれば、数万人に達すると思っていましたが・・・。

 尚、先の増加人数の中に、兵庫県で3人、大阪府で17人の感染者がおられますが、私の息子の通う小学校でも3年生の生徒がお休みしているとの情報を10日ほど前に聞きましたが、丁度、夏休みに入る直前だったので、良かったのかも知れませんが、潜伏期間の事を思うとまだ安心は出来ません。

 また、YOMIURI では、川崎市に住む7歳の児童が、新型インフルから急性脳炎を発症したとも発表されています。 タミフルにより熱は下がったとの事ですが、比較的、軽度であるとされていましたが、新型でも脳炎を発症する事がある事が判った、としています。

 まだまだ、予断を許せない状況ではありますが、この秋以降の季節性のインフルエンザとあいまって、春先以上の猛威を振るう事が予想されますので、今後も経過に注意を払わなければならない。と思いました。

 

09.07.21 明日は何の日?

 明日は何の日?とでも称しましまして、少しやわらかいネタで・・・。
 「皆既日食」の話題です。

 今月の始め頃、ある方から7月22日は、皆既日食がありますよ~!と教えて頂いており、近々に記事にしようと、準備しておりましたが、ここ数日の間にマスコミやら報道やらで、さんざん流れているので、今更・・・みたいな気がしたので、止めておこうかとも思ったのですが、書き掛けの記事を少し手直ししてアップする事にしました。

 そもそも、「日食」とは?
 皆さんもご存知の通り、月の地球周回軌道および地球の公転軌道は楕円であるため、地上から見た太陽と月の視直径は常に変化しています。月の視直径が太陽より大きく、太陽の全体が隠される場合を『皆既日食』といい、逆の場合は月の外側に太陽がはみ出して細い光輪状に見え、これを『金環日食』(または金環食)と言うのだそうです。

 今年は、報道等でご承知かと存じますが、日本でこの皆既日食が観測出来るのは、実に46年振りなんだそうです。
 と言っても、奄美大島や沖縄などのトカラ列島などが絶好の観測ポイントと言われており、観測ツアーなどが各社から企画され、大人気のようです。
 そして、我、神戸でも、午前9時46分から午後12時44分の間に部分日食が観測できます。
 太陽と月が一番大きく重なるのは、午前11時04分53秒なんだそうです。

 尚、今年見逃した方や、天候の具合で見れなかったとしても、今後も毎年のように世界各地では、観測する事が出来ます。ご興味のある方は、お調べになってみては如何でしょうか?

 この幻想的な、天体ショーを絶好ポイントで見れないのは残念ですが、せめて、部分的にでも太陽が月に隠れる様を見てみたいと思います。

 明日のお昼前に、空が暗くなっても、決して宇宙からの侵略者がやって来た!と大騒ぎしない様にご注意願いします。m(__)m

 

09.07.16 省エネ・エコ住宅勉強会

 今日は、標記の「省エネ・エコ住宅勉強会」へのお誘いがあり、参加して来ました。

 今までも、この手の話題には、興味はあるものの、何となく取り組み難い話題でもあった。
 しかし、最近、ご開業後のドクターから住宅のご相談を受けている、しかも、2軒。
 
 また、たまたまではあるが、双方共に”省エネ” ”エコ” にご興味をお持ちの様でしたので、私としても少しはお話出来る様に勉強しなければ・・・と思っておりました。

 ご講演頂いた先生いわく、いくらでもコストを掛けれるのならば、0エネルギー住宅は可能だ!との事。
 しかし、そんなのは、現実的ではない訳で、いかにローコストで省エネを図り、快適さを失わない様にするか?をさまざまな角度から実践・研究されているとの事。
 ここでは、詳細はご説明し難いのですが、なるほど~!と思える様な話もありました。
 マンション住まいの私の場合は実践するのは、困難ですが、実家でなら出来そうだな~なんて考えながら聞いていました。

 今日の勉強会で学んだ事は、是非、お二人の先生のお家に活かせられる様にアドバイスしたいと思います。

 

09.07.15 某小児科医院 内装工事

 日増しに暑さが増し、いよいよ夏本番!と言う感じになって来ました。

 先月半ばからの内装工事も終盤に差し掛かり、受付カウンターなどの設置も終わり、最終の仕上げに掛かります。
 暑い作業現場内ですが、月末のお引渡しに向けて、あと一息といったところです。

CIMG3563.jpg CIMG3564.jpg

 今回の現場は、小児科医の院長と鍼灸師の奥様の治療所を同時に進めているので、入口が二つあります。
CIMG3565.jpg
 益々、暑さが厳しくなって来ます。
 現場の作業員の方々も熱中症にならない様に、水分補給を忘れずに・・・

 

09.07.14 臓器移植法成立

 脳死を「人の死」とすることを前提に臓器提供の年齢制限を撤廃する改正臓器移植法(A案)が13日午後、参院本会議で賛成多数で可決、成立した。

 これにより、12年前(1997年)に成立した、現行法では禁止されている15歳未満からの臓器提供に道が開かれることになった。
 概要については、私などが説明するまでも無く、新聞・テレビなどの報道でご承知の事かと思います。

 昨日の成立の場面を傍聴されていた、または、報道で知った方々の心境はいかばかりか・・・?

 脳死と判定された子を持つ親の立場と、臓器移植しか治療の無い子を持つ親の両極の立場によって、意見の分かれるところかと存じます。

 どちらでも無い立場の私がこの件を論ずるのは、いささか気が引けたので、法案の成立までは、この話題を避けて来ました。

 ”脳死をもって、人の死”と判定する事を前提にする訳ですが、もし仮に自分の妻や子がその様な状況になった時、果たして、それを受け入れる事が出来るだろうか?
 まして、人様のお役に立つとは言え、臓器を提供する事を心の底から受け入れられるだろうか?

 逆に、私がその様な状況になった時は・・・?

 今は未だ、家族の間で、その様な話をしていませんが、これを機会に話をしてみようと思います。

 親族や身内を前に判定する事を迫られる医師の方にとっても、大変なストレスになる事でしょう。

 成立した今でも、良く判らないのが、ホンネではありますが、いつまでもウヤムヤのままでもいけないとも思います。
 一般論で言えば、この法案が成立した事によって、理論上は助かる命が増える事になると思います。その事自体は、大変結構な事だと思います。
 ただ、これを表とするならば、その裏もある事を充分に理解しておかなければならい、と思います。


09.07.13 サーバー導入

 先般、弊社の新規事業として、クリニックさん調剤薬局さん向けにウォーターサーバーの取次ぎを始めました、とのアナウンスを致しましたが、早速、”うちも・・・”との事で、納品させて頂きました。

 今回お世話になりました、J診療所さんは、主に企業向けの検診などをされており、一般の診療は少ないです・・・との事ですが、やはり患者さんのニーズはあるようです。
 また、以前は導入されていた時期もあったようですが、メンテナンスの問題などで一旦撤去されてからしばらく導入を見合わせておられたそうです。

 しかし今回のサーバーは、ほぼメンテナンスフリーですし、なんと言っても、冷水タンク内に空気を取り込まないクリーンエアシステムを内蔵したサーバーですので、衛生面に於いても安心して医療施設で使って頂ける様になっています。

 CIMG3558.jpg

 これからの季節、特に水分補給が重要になって来ます。
 折角飲むんなら、美味して、安全で、しかも身体に良いお水を飲みたいですよね~。

 

09.07.08 ヘリコプター

 梅雨の間の晴れ間!とまではいきませんが、先日の日曜日は曇り空とは言え、湿度・気温は高いものの、雨は無く、息子とキャッチボールでもしようと近くのメリケンパークまで遊びに行きました。

 日曜日とは言え、「貧乏、暇なし」で、事務所で急ぎの仕事を片付けていましたところ、頻繁にヘリコプターが飛び立つのが見えていましたが、「何やってるんだろう・・・?」と思いながら、公園に行くまでは忘れていました。

 公園に着いて、やっとその訳が判りました。

D1000167.jpg D1000166.jpg
 メリケンパーク内にある、カワサキワールド(神戸海洋博物館と言った方が判り易いかな)という、川崎重工の展示館が主催のイベントで、「ヘリコプターフェスタ2009」なる、無料体験飛行をやってました。
 メリケンパークを発着場にし、神戸港をグルッと一回りの約5分間の体験飛行が出来るとあり、事前の抽選に応募し当選された、約300名(各日)と当日の先着の90名(各日)が搭乗されていました。

 ものすごい音と飛び立つ時の爆風に息子も自転車ごと飛ばされそうになりながら、「僕も乗りたい!」とのリクエストに、近くに居たスタッフのおじさんに質問するも、残念ながら叶いませんでしたが、毎年1回はやってるとの事、来年は是非!と思いながら退散。
 
 そこで、親切なおじさんがいろいろと教えてくれました。
 なんでも、ヘリコプターってものすごい大食いだそうで、たった5分の飛行で、なんと、41Lもの燃料を消費するそうです。この日40回ほどの飛行ですから、単純計算1,640Lも使用するんですね~。 また、未経験者にとって、5分間は非常に長く感じられ、酔ってしますそうです。

 私の知り合いにも飛行機好きの人は沢山居られますが、私は乗った事は無いのですが、ヘリ好きです。
 理由は単純で、比較的コンパクトで離発着の場所を選ばないし、なんと言っても、救急や救命の現場で活躍している事に実用性を感じます。
 また、最近はドクターヘリが各地で活躍しています。
 災害や事故などの現場で、緊急搬送が必要な場面では効力は発揮します。
 「高度先端医療の街」を目指す、神戸としては、1分1秒でも早く、傷病者を運ぶヘリの活躍を期待したいです。


09.07.07 某小児科医院

 今日は、「七夕」ですが、生憎の曇り空・・・織姫と彦星は逢瀬を楽しむ事は出来るのでしょうか?

 さて、先月より工事に着手しております、某小児科医院さんの内装工事も着々と進行しており、ほぼ内装の区画割(部屋割り)は完了し、これからPB(プラスターボード)を貼り、仕上げに入って行きます。

CIMG3520.jpg CIMG3521.jpg
 蒸し暑い中、熟練の職人さん達の手で、工事は順調に行っており、今月末のお引渡しには問題ないと思われ、9月の開業に向けて先生方にとっては、これからが大変になって来ます。
 私も微力ながら、精一杯お手伝い出来る事はして行こうと思います。

 

09.07.03 新規事業

 新規事業と言うには、少々大袈裟ですが・・・。

 医院・調剤薬局さん向けに、天然水ウォーターサーバーの取次店を始めました。

      CIMG000701.jpg 

 こちらのクリニックさんは、待合室に開業当時から導入されておられましたが、この度、入れ替えて頂きました。
 導入後、院長・スタッフさんの評判も上々で、「お水がとても美味しい!」とおっしゃって下さってます。

 昨今では、それ程めずらしくは無くなって来ましたが、医院さん・調剤薬局さんの待合室では、こういったウォーターサーバーを目にする事が多くなりました。
 特に、これからの季節は暑くなりますので、需要も増えることでしょう。

 数ある、天然水・ミネラルウォーターの事業者のうち、弊社の取扱うのは、
株式会社 コスモライフさんの『コスモウォーター 選べる天然水!』を選択しました。
 理由としては、まず、サーバーのレンタル料が永久無料である事。そして、そのサーバーの仕組みに注目しました。このサーバーは特許を取得した、クリーンエアシステムを内蔵しており、サーバー上部に設置したお水のボトル内に限りなく空気を入れない構造になっており、空気中の雑菌やカビ・ウィルスの類の混入を防ぎ、ボトル内での繁殖をさせない様になっている事と、環境と衛生に配慮した、ワンウェイシステムのPET樹脂のリサイクルが容易な容器を採用している事。そして、採水地により直接ボトリングされ、直送される天然水の鮮度の良さと味の良さを実感し、「これなら、私の顧客である先生方に自信を持ってお勧め出来る!」と思い、販売店の登録をしました。
 また、必要な都度、宅配便にて送られて来ますし、使用済みのボトルはPETボトルとして廃棄出来ますので、ストック場所にも困りません。

 一昔であれば、お水はタダ!買うなんてナンセンス!と言う時代ではなくなりました。
 私もこの事業に取り組むに辺り、いろんなお水を試してみました。一口にお水と言っても、こんなにいろんな種類がり、それぞれに特徴があり、こんなにも味が違うんだな~と実感しました。
 そして何より、日本人にとっては、国産の天然水が体(口)に合う!と、しみじみ感じました。

 次回は、天然水とミネラルウォーターの違いについて、お知らせしようと思います。

 

09.07.02 七夕

 もう直ぐ、7月7日七夕ですね~。

 こちらのクリニックさんでは、毎月月初めの頃になると、入口横のディスプレイが変わります。
 それを楽しみに来られる患者さんも多いとか・・・

 さて、今月は、7月と言うことで、7月と言えば、やはり「七夕」。
 ディスプレイには、天の川を挟んで、ひこ星さまとおり姫さまの下にはアジサイまで咲いています。
 そして、入口横の笹飾りには短冊がいくつか飾られていました。

 スタッフの方から、「歌野さんもどうぞ~!」と短冊を渡されましたが、恥ずかしかったので、丁重にご辞退申し上げましたが、この様にいつ行っても、明るく、気持ちの良い対応のスタッフさんが居るクリニックは、大好きです。

 毎月、その時期・季節に応じた飾り付けは結構大変だと思いますが、是非続けて頂きたいと思います。
 
CIMG0011.jpg CIMG0008.jpg

 これを見た、うちの子供(小学校1年生)も「僕も笹飾りを作る!」と張り切っていました。
 さてさて、どんなものが出来る事やら・・・(^^ゞ

 D1000170.jpg
 最近の子供は何かと、忙しいらしく、笹飾りは間に合わず、「織姫」と「彦星」のみになってしまったそうです・・・(*^_^*)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。