スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10.02.26 お引渡し

 足掛け、3年ほどを掛けて、ようやく完成~お引渡しに漕ぎ着けた現場であります、「LUUCA名谷」内の”名谷クリニックモール”のカギ引渡しが昨日、現場にて行われました。
 
 場所は、神戸市営地下鉄「名谷」駅から徒歩にして、2~3分と言ったところでしょうか、兎に角、目立つビルです。
 厳密に言えば、違うのでしょうが、地上4階、地下1階の建物で、医療モールの他、飲食店、紳士服、フィットネス、美容室、書店など全17店舗が入居する複合ビルです。
 医療モールが入るのは、3Fと4Fに別れますが、5科目(脳神経外科・レディース・整形外科・透析内科・歯科)1調剤薬局の構成となります。

 思い起こせば、いろいろな事がありました。
一時は、本当にこの現場、出来るんだろうか?と思った事もありました。
 しかし、昨日、引渡しを終え、内をご確認頂きましたが、「思った以上に綺麗!」とのお褒めの言葉を頂き、感無量でした。

 まだまだ、4月1日のオープンに向け、これからが本番です。
 あと、1ヶ月・・・忙しくなりそうです。

CIMG4055.jpg IMG_3317.jpg 
IMG_0012.jpg IMG_0013.jpg

 

スポンサーサイト
10.02.26 もうすぐ、ひな祭り

 早いもので、2月も、もう終わり、週が明けると、3月です。
 3月と言えば、「ひな祭り」。

 下の写真は、我が子がいつもお世話になっているクリニック、『よしあら小児科』 さんの入口横のディスプレイ。
 毎月、ショーケースの中は、その季節ごとにイメージされ変わって行きます。
 小さなお子さんの中には、このディスプレイが変わるのを楽しみに(?)行かれている方も居るのではないでしょうか・・・?

IMG_0011.jpg 
 そして、ご覧頂ければ、お判りの様に、毎回、必ず、「ブタ」さんが居ます。(^0_0^)

 

10.02.22 2が5つ

 今日は、平成22年2月22日・・・。
 2が5つも並ぶ、珍しいと言えば、珍しい日です。尚、22時22分22秒まで入れると、何と、11個も並びます。
 って、どうでも良い事ですが・・・。

 さて、先週末、19日(金)夕方から、私が個人的に主催する、異業種交流会を開催致しました。毎回、と言う訳ではありませんが、講師の方をお呼びし、講演を聞き、お勉強をして、その後、懇親会と称し、盛大な飲み会を催しております。
 今回は、老若男女取り混ぜ、総勢で19名もの方々にお集まり頂きました。
 
 尚、講演のテーマは、「南極観測隊としての500日間」として、実際、第38次南極地域観測隊の一員として、昭和基地ではなく、更に極地に近い、「ドームふじ観測所」にて、約1年間を過ごした元隊員から、現地の過酷な生活環境並びに、越冬隊員9名の人間模様を独特のしゃべりで、約1時間半に渡り、講演頂きました。
 奇しくも、昨年8月公開の映画「南極料理人」のDVDがレンタル開始(2/17より)となり、タイムリーな話題でもありました。
 私は、上記映画も原作の著書も共に、観ましたし、読みました。(予習しました。)ちなみに、講演者は、原作では、「難波のにいやん」と、呼ばれていました。映画では、高良健吾氏がその役を務めていました。

 内容について、詳しくは述べませんが、日本から遠く15,000kmの彼方、標高3,800m超、平均気温-54℃、ウィルスさえも存在出来ない極寒の地で、男ばかり9名で過ごさなければならい1年間の生活って・・・?

 講演もさる事ながら、異業種の面々との交流は非常に勉強になり、また、刺激を受ける事が多いです。我々、営業職であり、人と接する機会の多い職種と言えども、まだまだ、知らない業種、知っていてもつながりのない業種って、いっぱいある事に気付かされます。また、そういった人との交流は、今後の自分に間違いなくプラスになります。

 今後も、ず~っと、続けて行こうと思います。

 

10.02.18 ハイチ大地震②

 先月、ハイチで起きた大地震から 1ヶ月。
 各国からの支援・救援が続いていますが、現地では未だ混乱の中、近付く雨季が心配されております。
 国境なき医師団の活動の報告がメールにて配信されており、その様子を伺い知る事が出来ます。
 ⇒「国境なき医師団HP」

 我 日本からも緊急医療援助部隊が派遣され、任務を終え帰国の途についている事と思います。また、自衛隊施設部隊の派遣が決定しているともお聞きしています。
 国際貢献と言うより、人道的支援として、我々個人としては何ともし難い者に代わり、現地で困っておられる方々へ勇気付けてあげて欲しいと思います。

 日本では、最近、あまり報道されなくなって来ましたが、未だ、ガレキの撤去もままならない状態だそうです。一刻も早く、せめて雨露のしのげる状態になって欲しいものです。
 また、特に妊産婦さんの状態が良くないとの事、生まれ来る新しい命と母親の命と心のケアも大事だと思います。迅速な医療体制の拡充が求められます。

 

10.02.16 もうすぐ竣工!

 昨年末より、進めておりました市内某所の医療モール内の各クリニック内装工事も、いよいよ佳境に入り、今週末の完成を控え、仕上げの工事を急ピッチで進めております。
 当該ビルには、医療系以外のテナントさんも複数入居する為、現場はかなり数の職人さん達でごった返しています。 

 改めて、開業の仕事に携わる人間の一人として、多くの方の尽力により、一つ一つ積み上げていった結果が、この様な形として表れ、その後には、また、こちらに多くの方が訪れる事になるんだな~と考えさせられました。

 先に申し上げた様に、現場は、もう直ぐ、完成を迎えますが、我々の仕事は、それで終わりではありません。4月1日のオープンを無事に迎える事、そして、その後の運営が順調に行くように見守らなければなりません。

 さあ、後ひと踏ん張り、どうか最後まで、ご安全に!

IMG_3319.jpg
IMG_3320.jpg IMG_3321.jpg
IMG_3322.jpg
IMG_3323.jpg
IMG_3324.jpg 

 

10.02.15 診療報酬改定

 報道等でも何度も取り上げられていますが、YOMIURIによりますと、今年の診療報酬改定の焦点となっていた再診料の見直しは10日、「開業医の診療所を20円引き下げると同時に、中小病院を90円引き上げ、690円に統一することで決着した。」ようです。

 要するに、再診料は、診療所でも病院でも同額になる、と言う事ですが、そうする事によって、病院側は報酬がアップし、診療所は下がる・・・と思うのですが、果たして、その通りになるのでしょうか?
 他にも、いろいろと加算や点数の引上げ、解り難い制度の廃止など、盛り沢山で、ちょこちょこいじくった!と言う感じですが、診療報酬全体でみると、僅か、0.19%の引き上げでしか無い。2000年以降、10年振りのプラス改定と言う事で、一定の評価をされているそうですが、これで、医療崩壊は食い止められるのでしょうか?

 ハト山総理の話だと、『命』を守る予算!なんだそうですが、ご自身の子供手当ての問題や、幹事長の問題もあり・・・で、何がやりたいんだか、どこへ向おうとしているんだか・・・?




10.02.11 建国記念の日に・・・

 今日は、「建国記念の日」。この日はかつて、”紀元節”と言う祝日でしたが、戦後、廃止になり、以降9回の議案提出~廃案を経て、昭和41年にようやく、国民の祝日として追加されました。

 と、祝日の由来とは、全く関係が無いのですが、今日は、「長田四大祭」の一つとして数えられる、『ふれあい高取山耐寒スタンプテーリング』に、息子と参加して来ました。ちなみに、長田区の四大祭としては、春には”はなみずき祭り”、夏には”たなばた祭り”、秋には”鉄板こなもん祭り”があります。(下画像参照)
10021101.jpg  
 スタート地点である、長田区役所から、長田区を代表する山、高取山の山頂を目指し、全長約6km、標高差328mを約2時間で走破(徒破?)しました。前日からの雨模様が心配でしたが、日頃の行いが良いせいか、傘もカッパも不要でした。また、”耐寒”の名には不似合いな気温で、後半暑いくらいでした。
 尚、この”スタンプテーリング”の面白みは、計6ヶ所(スタート地点を除く)のチェックポイントでそれぞれスタンプを押してもらいます。すると、ひとつの言葉『豊かな心が育つまち』となります。こういった工夫が子供でも頑張れた要因かな~と思います。
 (コースは、下写真を参照。)
10021102.jpg  
 コース途中の展望所でのショット。神戸の街が一望出来ます。晴れていれば、もっと綺麗だったでしょうね・・・。CIMG4069.jpg
 全長6kmのコースをひたすら、歩き、2時間掛けてゴールしましたが、下の「完歩証」と、温かい「ぜんざい」のお出迎えで、幕を閉じました。
10021103.jpg
 関係者の方々のご努力に感謝すると共に、また、来年も参加したいと思いました。
 しかし、この高取山は、高取神社を代表に山のあちこちに神々が祭られています。山全体が神社であるかのように大小の祠が点在しています。そんな、神々しい場所であるにも関わらず、いたるところに、いわゆる不法投棄された、ゴミ・家電・産廃・・・の数々、とても、気になり、残念でなりませんでした。
 それにしても、昨年ヘルニアの手術をしたばかりとは、思えない程の回復で、こんな標高差のある山を登れるようになるなんて・・・我ながら、驚きです。

 

10.02.09 iPS細胞

 2年くらい前から、『 iPS細胞』と言う、ヒトの皮膚細胞に、特殊なウイルスを使って四つの遺伝子を組み込み培養する方法で、同細胞は、手を加えることで、身体のどの細胞にも変化できる能力と、ほぼ無限の増殖能力を持ち、再生医療を実現するのに極めて重要視されている・・・と言う話を耳にしていました。
 神戸大学ご出身で、京都大学の山中教授が開発し発表された事でも有名ですが、この度、大阪市内で開かれた市民向けのイベント「再生医学と脳科学の最前線」(大阪バイオサイエンス研究所などの主催)で講演され、同細胞の活用法や、自身が提唱している「iPS細胞バンク」などについて解説されたそうです。また、同バンクをめぐっては「5年以内に完成させたい」と目標を掲げたそうです。

 と、上記は、ほとんどが、神戸新聞の記事をそのままコピーしたものですが、再生医療の発展のみならず、原因不明とされる、ALS(筋萎縮性側索硬化症)などの原因解明や治療薬の開発にも活かされる可能性もあるのだそうです。

 先の政権与党による、事業仕分けにより、こういった研究費が削減されたかどうか?は、判りませんが、こういった医療分野での、最先端技術の研究や開発などにどんどん予算を付ける事により、世界中から注目され、海外の研究者や企業その他がニホンを目指してやって来れば、ニホンの経済も上向いて行くのではないでしょうか?

 ⇒神戸新聞より「再生医療実現へ・・・」

 

10.02.06 ブログの日

 本日、2月6日は、「ブログの日」なんだそうです。何々の日・・・には、良く語呂合わせが使われますが、これも、その一つです。尚、IT 系の会社では、勝ち組として有名な、サイバーエージェント社が制定し、日本記念日協会によって認定されているんだそうです。(こんな協会があるんですね~)

 って事で、私も、2008年4月22日から始めた、当ブログですが、23ヶ月目を向かえ様としています。別に、プライベート様のブログもありますので、そちらとの掛け持ちでやってます。
 始めたきっかけとしては、ホームページよりも簡単に更新が出来る事!これが一番の理由で、あとは、開業用物件として、掲載している物をもっと、リアルにご紹介しようと思って始めたのですが、そちらの方は手付かず状態になっています。
 もう少し、充実した内容にしていかねば・・・と反省しております。

 さてさて、そもそも、ブログなるものがいつ頃から始まったのか?調べても今一判りませんでしたが、2002年ごろから急速に広まった、とされています。今では、芸能人・スポーツ選手・政治家・・・などなど、世の中に一体、どれほどのサイトがあるのか?把握する事すら難しいと言われています。
 思い起こせば、今から、15年前の震災の当時、携帯電話すら今ほど普及しておらず、インターネットの環境としても、電話のプラグを抜いてPCに繋いでいました。めちゃめちゃ遅かった・・・。
 そう考えると、この15年の間に、随分、変わったんだな~なんて、オヤジの様な事を考えたりします。

 まぁ、いくら便利になっても、それを使わなければ、または、使いこなさなければ、意味を持ちませんので、出来る限り、使いこなしたいと思います。

 

10.02.03 節分

 1月は、行く!2月は、逃げる!3月は、去る!と言います。本当に、月日が経つのは早いもので、特に、1~3月は、あっと言う間に過ぎて行きます。
 そして、今日は、節分。豆をまき、太巻きを恵方に向かって、黙って丸かぶり・・・

 そんな今日は、不調のPCの復旧に一日掛かってしまいました・・・。

 昨日、同業他社さんのサイトを覘きに行きましたところ、なんだか調子が悪いな~、と思っていましたところ、突然、画面が青一色になり、スキャンを開始し出しました。(言っときますけど、Hサイトではありませんよ~。)
 何が何だか判らず、キャンセルボタンらしきものを押しても、押しても、押しても・・・訳の判らない英文と共に画面が変わりません。こうなったら、強制終了しかない!と、強制終了するも、再起動したら同じ画面・・・トホホです。
 こうなって、やっと、「これは、ウィルスにやられた・・・」と、認めざるを得ない状態に・・・

 運良く(?)、近くに IT 系の方で、しかも、システムに強い方が居られまして、その方に応援をお願いしましたところ、快く見て下さいました。
 結果、紛れも無く、ウィルス感染であり、しかも、今流行りの”ガンブラー”であろう、との事でした。
 まずは、PC内の重要な情報データのバックアップを取る事、ウィルス対策用のソフトを導入する事、その上で、PCの再セットアップをするしか無い、との事で、昨日は、泣く泣く帰宅する事に・・・
 
 そして、今日、その方もいろいろと調べて下さっていて、『Security Tool』 と言う名のウィルスで、うわさのガンブラーではなさそうでした。これは、「あなたのPCをスキャンしたところ、こんなにもたくさんのウィルスに感染しています。これを駆除してあげますから、クレジットカードにより、49$ほど支払って下さい。(英文翻訳)」という様な内容なんだそうです。
 何とも、ありがた迷惑な話で、しかも、親切で言ってくれているのなら良いのですが、”カネ払え”ですし、インターネットへの接続以外何も出来ない状態にする必要ないやろ!って感じです。

 と、まあ、そんな感じで、本日は一日、このウィルスの駆除につきっきりでして、何にも出来ませんでした。先の方のお陰で、大事には至らず、無事PCも復帰し、大事な大事なデータも失わずに済みました。感謝感謝です。しかし、これを教訓に、ウィルス対策ソフトも導入しましたし、データのバックアップも今まで以上に気を使わねば・・・と思いました。

 皆様も、お気を付け下さい。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。