スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10.05.29 創作漢字コンテスト
    漢字研究の第一人者である、故・白川 静 先生の生誕百周年を記念し、”100年後まで残る漢字を作ってみませんか?”をキャッチフレーズに、テーマに沿って創作した漢字を募集する・・・と言う企画があったんだそうです。
 
 漢字は、もともと中国で4000年前、物事の事象を形に表す事から作られていったもので、さまざまな変化の末、現在の形になった、と言われています。
 例えば、「人」が「動く」ことから「働く」、「山」を「上り」「下り」することから「峠」・・・など、よく見ると、なんとな~く、なるほど・・・と思えるものも多くあります。

 さて、今年の最優秀賞を取ったのは、「知」の下に「自」という文字をくっつけて、「わきまえる」と読むんだそうです。
acd1005191735002-p1.jpg
 自分を知り、わきまえる・・・なるほど、我国のリーダーへ捧げたくなる文字ですね・・・。(^^ゞ
 「智」であれば、物事をよく理解する、賢い と言う意味にになりますが、ある意味、自身の事を「愚かな総理かも知れませんが・・・」と評価された時に、己を知ったのかも知れませんね~。
 ついに、日米共同声明に於いて、沖縄の基地移設問題に関して、「名護市辺野古」との明記がなされてしまいました。
acd1002190506004-s1.jpgacd1002190506004-s3.jpgacd1002190506004-s2.jpg
 他にも、上の様な(創作)漢字があったそうです。
 (左)「少ない」に「子ども」で、『ほころぶ・すたれる』と読むんだそうです。少子化により、国力が弱まる・・・と言う事を憂いています。
 (中)「国」の構えに隙間が空いて、『すき・ほころび』と読み、今のニホンをそのまま象徴しております。平和に慣れ親しみ過ぎて、内外の危機管理があまりにもずさんな事を憂いているんだと思います。
 (右)「子ども」と「手」という字を併せた様な字ですが、「¥」の様にも見えますが、『ばらまく』と読むんだそうです。意味は、そのまま・・・子供手当てをばらまく、と言う事だそうですが、現金をばらまくのでは無く、もっと子供や母親が子供を産み育てる環境を整備する為にお金を使って欲しいと思います。

 私も一つ考えてみました・・・が、思い浮かびませんでした・・・(お粗末・・・)(-_-)zzz



スポンサーサイト
10.05.25 森 理世 さん
 皆さんは、「国境なき医師団」の活動の事をご存知でしょうか・・・?

 私は、仕事柄・・・もありますが、赤十字の活動と同様に、この団体の活動に賛同し、ほんの僅かではありますが、ご協力させて頂いております。
 この「国境なき医師団」とは、非営利で国際的な民間の医療・人道援助団体であり、援助や救護を必要とする、紛争・内戦地域、及びそこから逃れて来た難民キャンプ、自然災害により生活の場を失った方々へ医師や看護師をはじめとするスタッフを現地に派遣し、援助・救護活動を行っています。
 また、完全に独立・中立・公平であり、どこからの干渉も制限も受ける事無く、活動資金もほぼ民間からの寄付で賄われております。これにより、自由な活動を確保されています。

 そこで、この度、ご紹介したかったのは、この活動に賛同した、『森 理世』 さんについてです。彼女は、1986年12月24日生まれの現在23歳で、2007年3月に行われたのミス・ユニバース・ジャパンで、4000名の応募の中から優勝し、同年5月、メキシコシティで行われた世界大会で見事、48年振りに日本人として2人目の優勝しました。その後、任期中に、病気で入院する子供達を勇気付けたり、勉強を教えたりするプロジェクトに参加したり、レッドリボン(エイズ撲滅)運動、マラリア予防活動、アルツハイマー病支援・・・などなど、さまざまな活動を通して、『医療だけでは、命は救えない』と言う、医師団の医師の言葉に感銘を受け、自身にも何か出来る事は無いか?との思いで、『BEYOND THE BORDER』と言う、Yahoo!オークションに、”世界一の美女である、自身を撮影する権利”を出品し、その売上金を医師団に全額寄付されるんだそうです。

 個々人では、出来ない大きな事も、大勢の人が集まれば、きっと出来ます。

 今、この瞬間にも、貴重な幼い命が失われているかも知れません。
 僅かなお金で救える命があるかも知れません。

 少しでも、一人でも多くの救える命を、助けを必要とする人へハートを送りましょう。(彼女のブログより)



10.05.24 口蹄疫 その2
 昨日から降り続く、大雨により、月曜である今日も、公共交通機関などは、遅延や運行停止、行先変更などの措置が取られ、大幅なダイアの乱れにより、ビジネスへの影響が大きかったのではないでしょうか・・・?
 
 さて、連日報道されている通り、宮崎県を襲っている”口蹄疫”への対応としては、半径10km圏内の全ての牛や豚の殺処分を前提とした、ワクチンの接種を実施し、処分場の整ったところより順に殺処分がなされていくんだそうです。

 そんな最中、牛肉の産地として知られる各地の報道では、焼肉やすき焼きを美味しそうに頬張る光景を放映していました。
 これをどう見るか?によっては、賛否分かれるところかも知れません。

 一つには、仮に”口蹄疫”に感染した牛肉を口にしても、ヒトへの感染は例が無いそうで、また、生乳を飲んで感染したとの報告例はあるそうですが、熱処理していない生乳を飲む事自身が稀であり、仮に感染しても症状が緩い事から、公衆衛生上は問題ないとされているそうです。
 と言う事で、一番恐れているのは、消費者の買い控えであったり、生産者等への心ない風評被害などである。
 この事で、一番心を痛め、精神的にも経済的にも打撃を受けているのは、これまで、心血を注ぎ、我が子の如く育てて来た生産者の方々であると思います。

 また別の報道では、牛ホルモンの「こてっちゃん」で知られる、食品加工会社 エスフーズ(本社:西宮市)さんが、村上社長個人の寄付金を併せて、8000万円の義援金を宮崎市に贈った、というのを目にしました。
 女子プロゴルファーで、隣接 鹿児島県出身の”横峯さくら”プロも、優勝賞金1200万円を寄付されておられます。

 我々に出来るのは、少しでも消費をし、この惨状から一日も早く立ち直り、元の様な安くて美味しい牛肉を出荷して欲しいと心より思います。



10.05.19 高樹 澪 さん
 女優で歌手の”高樹 澪 ”さんの事を覚えていらっしゃいますでしょうか?
 1981年に、サザンオールスターズが音楽を担当した、映画『モーニングムーンは粗雑に』でデヴューし、80年代~90年代に主に、映画、TVドラマで活躍し、歌手としても、『ダンスはうまく踊れない』など、カバー曲でヒット曲も出し、黒髪のロングヘアーが似合う個性的な女性と言う印象を持っています。

 そんな彼女が、2003年頃から芸能活動を休止し、TV などで観なくなっていました。芸能界と言う、特殊な環境であれば、珍しくは無いのでしょうが、実は、『片側顔面麻痺』と言う病気の治療の為、静養していたんだそうです。

 当初、顔の右半分がヒクヒクと痙攣し、一度痙攣しだすとなかなか治まらなく、寝ていても痙攣し不眠症にもなったんだそうです。そうして、2003年、映画の撮影に入っていましたが、スタッフの方々へ心配と迷惑を掛けた、との思いから引退を決意したんだそうです。
 その後、症状は良くならず、食事の際にも不自由を感じる様になり、医師の勧めもあり、手術に踏み切ったんだそうです。
 手術は、脳の下の方にある血管に顔面を司る神経の癒着を剥離する、と言う難しい手術で、5時間にも渡る大手術だったんだそうです。
 2006年7月の手術は、顔に違和感を感じる様になって、10年もの月日が流れており、人生や運命が変わった・・・と思うほどの感動があったんだそうです。

 この話を知るにつけ、つくづく感じたのは、健康って本当に大事だな~と思った事と、自身の身体に変調が起こった場合には、躊躇無く、受診する事の大切さを痛感致しました。

 今の時期、息子の通う小学校では、健康診断や歯科検診が行われています。子供や家族の健康も勿論、大事ですが、家族を支えるべき自身の健康にも無頓着では居られません。これを機会に、何年振りかの健康診断に行こう!と、決意した次第です。



10.05.18 口蹄疫
 日が経つのは、早いもので、今月に入りこのブログの更新は、やっと3回目・・・、決してサボっている訳では無いのですが・・・

 さて、連日、報道されております、宮崎県の家畜の間で大流行している「口蹄疫」の問題が次第に広がりを見せており、初期の拡大防止の対応を問題視する見方も出ております。

 地元の東国原知事は会見で、しつこく迫る記者に語気を荒げる場面もあったとか・・・、冷静な対応が求められる、とは言うものの、記者達の”ペン”と言う”武器”を振りかざし心ない質問を浴びせ掛けるのもどうかと思う。

 宮崎県の牛肉と言えば、高級ブランドとしても良く知られてりおり、松坂や佐賀などへ優秀な子牛が出荷されており、各地の高級ブランド牛の出生地でもあります。
 中でも、“伝説の種牛”として知られ、等身大の銅像まで建った「安平(やすひら)」は、全国に22万頭とも子牛を誕生させたと言われる、種牛中の種牛なんだそうです。
 その、伝説の牛も、今回の感染の拡大により、残念な事に、殺処分の対象となっているんだそうです。

 当然の事ながら、宮崎の経済は深刻な状況に陥る事は必至であり、今後の拡大防止並びに、経済へ与える影響を鑑み、行政・政府・民間一体となった対策を講じ、支援の必要な処へは速やかに手を差し伸べて欲しいものです。

 かく言う私も、焼肉が大好きです。
 風評被害などによる影響も考えられますが、間違った認識などでの被害の出ない様、マスコミはその事をもっと報道すべきだと思います。



10.05.12 看護の日
 本日、5月12日は、「看護の日」なんだそうです。

 国民の看護及び看護職に対する理解を深めるとともに、その社会的評価を高めていくための記念日として、1990年(平成2年)12月に厚労省により、看護週間とともに制定され、1991年(平成3年)より実施されています。

 また、近代看護教育の生みの親として知らない人が居ないほど有名な”フローレス・ナイチンゲール”の誕生日でもあり、彼女の功績を称える日でもある様に思います。

 わたくし自身、昨年は、祖母の入院、自身の腰の手術など、何かと病院、とりわけ看護士さんにはとてもお世話になりした。もちろん、医師の方々には、いつも頭が下がる思いは一杯ですが、それを支える看護士さんを含めた多くのスタッフの居るお陰で、患者を含めた家族までもが安心して、患者をお任せする事が出来るんだな~と実感しました。



10.05.06 連休明け
 今年は、暦の並びが良く、多い人では7連休と、大型の休日を楽しまれた方も多かったのではないでしょうか?
 世間では、”安・遠・長”などと言い、安くて、遠くへ、長く・・・の過ごし方が流行ったそうです。
 しかし、報道では、この連休中の事件・事故のニュースも多く、また、各地で大混雑などと言うコメントに対し、”安・近・短”で過ごした我家としては、それなりに充実した休日で、それはそれで良かった、と思っています。

 さて、連休も明け、早速エンジン始動!せねば・・・

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。