スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セミナー参加
   毎日毎日・・・暑い!暑い!・・・と言いながら、ひたすら汗を拭き拭き歩いております。お陰様で、顔も腕も真っ黒に日焼けしております。

 さて、そんな中、昨日は、非常に有益なセミナーに参加させて頂きました。
大阪ガスさんの主催で、「建築プロフェッショナルセミナー」と言う、主に設計事務所さんや建設会社さん向けに、今や世界的な有名建築家である、”安藤忠雄”先生を講師にお迎えして、次世代の建築の在り方についてのご講演をお聞きしました。

 ”安藤先生”と言えば、コンクリート打ちっぱなしのモダンな設計として知られており、特に世に名前が出るきっかけとなった「住吉の長屋」では、日本建築学会賞を受賞。その後も関西を中心に、数々の有名な建物に携わり、今や世界のアンドウとなっておられます。
 その先生のお話の中に、「仕事は自分で造り出すもの」「垣根を越えろ」と言った言葉が印象的でした。
 現在、株安・円高・経済不安・政治不信・・・と言った、マイナスイメージばかりで、日本全体が暗く沈み込んでいます。特に、大阪・神戸など関西の落ち込み具合は深刻です。
 しかし、先生はそんな時だからこそ、自らで仕事を造り出す工夫をしなきゃならないんだ!と、おっしゃらておりました。かつて、先生はそうやって来た・・・と言う事を、実例を挙げて、面白可笑しく、語って頂きました。
 なるほど・・・と感心させられるお話ばかりでしたが、いざ、自分に置き換えて見ると、さて・・・何から手を付けようか?と言った次第です。

 更に、先生は、省エネ・エコ住宅など、環境に配慮した建築にも取り組まれており、また、緑化にも積極的に取り組まれておられます。
 代表的なのは、淡路島の「夢舞台」。こちらは、私も少し前に行きましたが、明石大橋を渡ってすぐのところにあります。今でこそ、ここは、一見、森の様にうっそうと樹が生い茂っておりますが、10年前は、はげ山でした。そこに植林をし、現在の様になった訳です。
 また、大阪の大川沿いには、ツタを使った壁面緑化にも注力され、徐々に広がっています。

 正直、私は、先生の事を良く知りもせず、食わず嫌いなところがありましたが、とっても気さくで面白い人だと判って、非常に良い講演でした。

 これからも益々ご活躍の事と思います。
 そして、私達も見習うべきところはしっかりと見習いたい、と思いました。

22..8.26 010 22..8.26 004
 講演の後、ご著書にサインして頂きました。


医療関連施設の企画・開発・コンサルティングの事ならお任せ下さい。
クリニック等の開業実績 70件以上 開業用適地・物件の情報をご提供します。
秘密厳守 お気軽にご相談下さい。

株式会社 オフィス・ユー 
 代表取締役 歌野 大輔
WEBサイト:http://www.officeu.net/
E-Mail:office-u@mx5.canvas.ne.jp


スポンサーサイト
ナガサキ
 6日のヒロシマへの原爆投下からの3日後、AM11:02 長崎県長崎市上空から実戦では、広島に続き、世界で2番目の原爆が投下され、長崎市24万人の約34%にあたる約7万人以上の死亡者を出し、市街の建物の約36%が全半壊し、爆心地の浦上地区は壊滅状態になった。

 あれから、65回目の「原爆の日」を迎えた今日、爆心地に近い長崎市松山町の平和公園では、長崎原爆犠牲者を慰霊する平和祈念式典が開かれ、被爆者や遺族ら約6000人が参列。原爆投下時刻のAM11:02 、全員で1分間黙とうし、鎮魂と平和への思いを新たにした。

 何となく、「原爆」と言えば、『ヒロシマ』 と言う感があり、『ナガサキ』 に関しては若干イメージが薄くなりがちだが、実は、広島に投下された、「リトルボーイ(TNT火薬15,000t 相当)」の約1.5倍の威力のある、「ファットマン(TNT火薬22,000t 相当)」が投下されているのだ。
 にも拘らず、広島に比べ、被害が軽減されたのは、山に取り囲まれた長崎の地形にあると言われています。もし、これが、福岡県小倉市の様な平坦な地形の地域に投下されていれば、広島の被害を上回っていたのではないか、と推測されています。

 皆さまの中にも、小・中学校の修学旅行等で、長崎を訪れた方も多いかと思います。
 かつて、長崎は鎖国時の日本に於いて、海外との唯一の玄関口であり、オランダ・ポルトガル・スペインなど南蛮貿易で栄え、当時、ご法度とされていたキリスト教を信仰する教徒の為の大浦天主堂(浦上天主堂)など、風光明媚で観光地としても見所の多い場所でもあります。
 私は、中学校の修学旅行で行ったのと、数年前にも訪れ、坂道が多く、海と山の距離が近くて、どことなく神戸を思わすとても良いところだと感じたのを思い出します。

 改めて、兵器としての”原爆”に、断固反対し、二度と同じ過ちを犯してはならない、そして、一日も早くこの世から全ての”原爆”を無くなることを祈ります。


医療関連施設の企画・開発・コンサルティングの事ならお任せ下さい。
クリニック等の開業実績 70件以上 開業用適地・物件の情報をご提供します。
秘密厳守 お気軽にご相談下さい。

株式会社 オフィス・ユー 
 代表取締役 歌野 大輔
WEBサイト:http://www.officeu.net/
E-Mail:office-u@mx5.canvas.ne.jp


神戸海上花火大会
 昨日は、「第92回全国高校野球選手権大会」 俗に言う、「夏の甲子園大会」 の開会し、開幕直後の第1試合は、長野県代表の松本工 対 熊本県代表の九州学院の試合が行われ、うちの両親の故郷である、熊本・九州学院が序盤の大量リードを保ち、14-1の大差で勝利しました。
 ちなみに、我、兵庫県代表・報徳学院は、大会4日目(8月10日予定)の第1試合に出場します。

 連日の猛暑の中、選手も応援に駆け付ける関係者及びファンの方々、くれぐれも熱中症などの予防に務め、安全な応援・観戦をお願い致します。

 尚、この日は、第40回 神戸海上花火大会の日でもありました。
 毎年、我が家では、自宅のリビングから観賞(鑑賞?)させて頂いています。
(まずは、開始前の様子)
IMG_4148_1.jpg
 
 続いて、約1時間ほどでしょうか・・・?
大小さまざま、色とりどりの大輪の花を夜空に咲かせました。
(クリックして頂くと、少し大きな画像になります)
IMG_4163_1.jpg IMG_4173_1.jpg IMG_4175_1.jpg IMG_4202_1.jpg
 子供と一緒に、『ガリガリ君』を食べながら、「たまや~!」「かぎや~!」と、言いながら・・・(^_^;)か、どうかは定かではありませんが、夏の風物詩として、願わくは、我が家の前に高い建物が建たない事を祈りながら毎年楽しめる事を期待しております。
 
 ちなみに、『花火』の起源とは・・・?
 紀元前3世紀ごろ、中国で火薬が発明され、それが戦の武器として使用されるようになり、それが後の花火に発展した、と言われていますが、我国に於いては、江戸時代、徳川家康が初めて、花火を観賞したと言われております。種子島に鉄砲が伝えられ、その鉄砲に詰められた火薬を見た、三河の職人が手筒花火へと発展させたんだそうです。その後、江戸へ渡り、「鍵屋」が、納涼屋形船を出し、豪商などの優雅な遊びへと発展し、鍵屋の番頭が暖簾分けを頂き、「玉屋」と名乗った為、花火への掛け声は、「たまや~!」「かぎや~!」となる訳ですが、なぜ、相も変わらず、「たまや~!」の方が、先に声が上がり、掛け声の数も多いのでしょうか・・・?
 それは、本来、鍵屋の方が、先であり、現在も鍵屋は存在していますが、玉屋の方は、自らの出火の責任を取り、店をたたみ江戸追放となっております。玉屋が存在したのは、僅か35年ほどと言われています。まず、一つ目の理由として、鍵屋の一番弟子として、腕は親方を上回っていた事。そして、語呂が良く掛け声が掛け易かった事。そして、最大の理由として、また、江戸っ子の気質として、技術もあり、愛されていたものの、僅か35年で店をたたむ事になった玉屋への”情”がそうさせているんだとか・・・(笑)

 現在、15代目の鍵屋は、女性当主なんだそうです。花火の”音”にこだわり、雅な花を咲かせているんだそうです。今度、花火を観る機会があれば、是非、『かぎや~!』と、掛け声を掛けて見て下さい。


医療関連施設の企画・開発・コンサルティングの事ならお任せ下さい。
クリニック等の開業実績 70件以上 開業用適地・物件の情報をご提供します。
秘密厳守 お気軽にご相談下さい。

株式会社 オフィス・ユー 
 代表取締役 歌野 大輔
WEBサイト:http://www.officeu.net/
E-Mail:office-u@mx5.canvas.ne.jp



全景
 シリーズでお届けしています建築現場の様子ですが、前回、「上棟式」の後、現場は着々と進んでおります。
8/2の時点では、まだ、壁を貼っておりませんが、屋根の工事は終わりました。

 なかなかの大きさでしょう~!

 約90坪の『パン屋さん』です。

 こちら、地元では、とっても美味しいと評判の有名なお店です。かれこれ15年ぐらいになるでしょうか・・・、オーナーが脱サラで始めた小さな街のパン屋さんでしたが、今では4店舗を構えるほどに成長しています。
 そして、この度、最初にオープンした本店の業務拡大に伴う移転の為、この様な大きさになりました。

 お店作りに際し、厨房でパンを焼いている様をお客様にお見せする造りになっています。それだけに、決して手を抜く事が出来ないと同時に、絶対の自信の表れかと思います。
 そして、地元密着をコンセプトに、イートインコーナーも併設されており、買ったパンをその場で食べる事も出来ます。

 私は、この土地の地主さんとは、17~18年のお付き合いになります。孫と言っては失礼ですが、身内の様に可愛がって頂いています。
 これからも末長くお付き合いしていきたいと思います。

CIMG1478_1.jpg
 


医療関連施設の企画・開発・コンサルティングの事ならお任せ下さい。
クリニック等の開業実績 70件以上 開業用適地・物件の情報をご提供します。
秘密厳守 お気軽にご相談下さい。

株式会社 オフィス・ユー 
 代表取締役 歌野 大輔
WEBサイト:http://www.officeu.net/
E-Mail:office-u@mx5.canvas.ne.jp

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。